free web hit counter

ガールズバーとキャバクラの時給比較!仕事がキツいから給料が高いの?

夜の仕事を探していて、

「ガールズバーとキャバクラって何が違うんだろう?」

「キャバクラのほうが時給が高い分、仕事もキツイの?」

と思ったことはありませんか?

 

ガールズバーとキャバクラの違いはズバリ「お客さんとの距離」です!

ガールズバーはカウンター越しに接客するので、お客さんと一定の距離を保って接客することができます。

ガールズバーは女性バーテンダーなので、飲食店。

キャバクラは水商売なので、仕事内容が似てるかのように思われますが実は違うんです。

 

今回は、みなさんが気になっている

  • ガールズバーとキャバクラの時給の相場
  • それぞれのお給料の内容
  • 仕事内容の違い

こちらについて詳しく解説していきます!

ガールズバーの時給の相場は?平均いくら?

仕事を調べている時に気になるのが、時給ですよね。

都心や郊外、その地域ごとでも時給は変わります。

都心のガールズバーだと、お客さんも増えるので当然時給も増えます。

平均時給は、1500〜1700円程。

都内から外れて郊外になると、1200〜1500円程が平均時給になります。

稀に時給2000円以上の場所もありますが、そういうところはお客さんがたくさん入り忙しい可能性が高いです。

キャバクラの時給の相場は?平均いくら?

では一方キャバクラのお給料はどうなんでしょうか。

こちらも地域によって差があります。

通常のキャバクラの時給の平均は3000〜5000円です。

しかし、東京や都心になると5000〜7000円が平均時給になります。

高級キャバクラになると、時給が8000円なんてところも。 こんなに時給が高かったら、話がよすぎますよね。
仕事内容がその分大変だったり、多少のお触りがある可能性もあります。

時給は低くても3000円からスタートする所が多いです。

ガールズバー時給以外のバックの種類

ドリンクバック

初心者が一番バックをとりやすいのが、ドリンクバック。

お客さんから、ドリンクをご馳走になった時に一杯◯円(相場50〜200円)とお給料にプラスでもらえます。

お酒が苦手でも大丈夫!

アルコールを薄めたり、内緒でジュースに変えて飲んでいる女の子がほとんどなんです!

MEMO
大体ドリンクは女の子がつくるので、自分で薄めたり、ドリンクをつくってくれる人にアルコール薄めでと最初から伝えておくといいでしょう。
もちろんお客さんには内緒です。笑

ボトルバック

お客さんがボトルを買った時に、一本◯円とお給料にプラスしてもらえます。

お店に寄って異なりますが、一本500〜1000円が相場です。

お客さんがボトルを買うと、常連客になってもらいやすくなるのでいいことづくしです。

まずは仲良くなって、「ボトルだとちょっと安く飲めますよ〜」と勧めてみましょう。

指名バック

お客さんと仲良くなってくると指名されることも増えてきます。

指名されるとやっぱりやりがいになるし、嬉しいですよね。

指名が取れると、

・一人につき◯円(相場:100〜1000円) ・お客さんの売上の◯%

のどちらかで、お給料にプラスしてもらえます。

指名されるだけでバックがもらえるので、ドリンクバックで頑張らなくても結構稼げますよ。

その他のバック

・キャッチバック

路上で女の子が男性に、「一杯飲みませんか?」と声をかける客引き。

お店にお客さんを連れてこれたら、一人につき◯円(相場:100〜300円)ともらえます。

少しハードルが高い仕事内容ですが、知らない人に話しかけるので、社交性やコミュニケーション能力が磨かれますよ

キャバクラ時給以外のバックの種類

ドリンクバック

本指名であってもフリーでもお客さんからドリンクをもらったら、一杯ごとにつくバックです。

一杯200〜500円程が相場です。

値段やサイズによっても変わってきます。

ボトルバック

ボトルバックはそのボトルの料金の10〜15%が相場で高めです。

キャバクラでは、ボトルを入れてもらうことが大きな売上に繋がります。

焼酎やウィスキーよりも、シャンパンが一番稼げちゃいます。

シャンパンは開けてしまうとキープができず、飲みきらないといけないからです。

その時に盛り上がっていると、

「もう一本!」とボトルを開けてもらえる可能性もありますよ!

指名バック

ガールズバーよりもキャバクラに多い指名バック。

一人あたりの指名バックの相場は1000円 高級店だと1500円以上もらえます。

指名バックをもらう狙い目は新規のお客さん。 フリーでついた時に、次回指名をもらえるようどんどん話しかけましょう。

その他のバック

同伴バック 仕事前にお客さんと会ってお店に連れてきた時につくのが同伴バックです。

相場が一人あたり2000〜3000円高級店だと5000円もらえるところもあります。

キャバクラは、お客さんと連絡を交換してお店に来てもらえるようにどんどん営業をかけます。

お客さんによっては毎日連絡をしてきて、休みの時もこまめに連絡のやり取りをしなくてはいけません。 「正直面倒くさい!」と思う人はガールズバーの方が向いているかも…!

フードバック

お客さんにご飯をごちそうになった時につくバックです。

あるお店自体少なく珍しいですが、相場が200円ぐらい。

立ち仕事していると結構お腹すくんですよね〜!

そんな時は「お腹空いたな〜。何か食べたい」とお客さんに甘えてみましょう。

ガールズバーで天引きされるもの

源泉徴収 必ずどのお店でも10%は引かれます。

注意
逆に10%以上引かれるのは悪質なので気を付けましょう。

基本的には、源泉徴収くらいですが他にも天引きされることがあります。

雑費代(1日500円ほど) トイレットペーパーや消耗品などの維持費のお金です。

送り代 ガールズバーは送りがないところが多いですが、もし送りがあった場合、500〜1500円ほど引かれます。

MEMO
ガールズバーはキャバクラに比べて、天引きの雑費や送りがあまりないので引かれるものは少ない。

キャバクラで天引きされるもの

  • 所得税 10%
  • 衣装代/ヘアセット代 一回500〜1000円
  • 雑費  消耗品系(化粧品・ヘアスプレー・ティッシュ等)相場:1日500円
  • 送迎代 1回500〜1000円 

ガールズバーと比べると、キャバクラは用意するものが多く天引きされるものがたくさんあります

特に衣装やヘアセット、メイクなどは毎回自分でするのが大変ですよね。 お店でやってもうと美容院よりは安いですが、毎回500〜1000円ほどかかります。

天引きされすぎて、「時給があまりガールズバーと変わらない…!」 というお店もあるので、何が天引きされるのか事前に確認しましょう。

ガールズバーとキャバクラ、手取りはどっちが多い?

天引きされた後などを計算した時給でも、結局はキャバクラの方が手取りは多いです。

しかし、キャバクラは基本的に20時〜1時までが営業時間となっています。

フルで入ったとしてもたった5時間しか働けません。 そこから天引きされると、思っていたより中々稼げないなんてことも。

その分ガールズバーだと、バーなので19時〜5時までフルで入ると10時間働くことも! 天引きされるものも少ないので、フルで入り、バックがもらえると結構稼ぐことができますよ。

稼げるかは、まさにあなたの頑張り次第!

キャバクラの時給が高いのは仕事がキツいから?

仕事内容が少し似ているガールズバーとキャバクラ。

「同じような仕事内容なら、給料の高いキャバクラの方が良くない?」 と思う人も多いかと思います。

しかし、世の中そんなに甘くは出来ていません。 キャバクラとガールズバーの決定的な違いはズバリ「お触りがあるか」ということ。

キャバクラは、基本的にお触りを禁止しています。

しかしお客さんの隣に座って接客するので、禁止していても 「ちょっとだけなら…」と触ってくる男性が多いのが現実です。

中にはお客さんのお触りを許すことで、売上を上げていくライバルもいます。

最強ですよね…

自分が「嫌だ…!」と思っても、 「お客さんの機嫌を損ねてしまってはいけない…」と我慢をするキャストも多いです。

キャバクラで働こうとしているなら、少しくらいのお触りは覚悟しとかなくてはいけません。

その分ガールズバーは、カウンター越しの接客なのでお触りをされる可能性は低いのでちょっと安心!

まとめ:時給が高ければいいわけじゃない!

「時給が高かったら結局いいのか?」というとそうじゃないですよね。

給料が良いのにはそれなりの理由があります。

  • お触りあり
  • 土地柄、お客さんが多く忙しい
  • 仕事内容がハード(たくさんのことをさせられる) 等

働くのなら安心して、自分に合ったお店を見つけたいですよね。

ガールズバーでも時給が高いと、お触りがある可能性あり!

お触りなどが「絶対嫌!」という人は、まずは時給が1500〜1700円のガールズバーから働いてみることをおすすめします!