free web hit counter

ナイトワークから昼職復帰したい!経歴は隠す?次におすすめの仕事は?

迷える子羊さん

今までナイトワークを続けてきたけど、昼職に戻りたい!

というお悩みをお持ちの方は結構多いのではないでしょうか。

ナイトワークは想像以上に体力を使うお仕事。

私もこの先もずっとナイトワークは正直キツイな〜と悩んでる時期がありました。

この記事では私の実体験で昼職に戻った方法を伝授します!

  • ナイトワークの経歴は履歴書に書くべき?
  • 水商売から昼職に戻るなら接客業がオススメ
  • 自宅開業が出来る!?資格を取るのもアリ!
  • 自由に働きたい!フリーランスでオススメの仕事

昼職に転職したい!と考えているそこのあなた。必見ですよ〜!

ナイトワークの経歴は履歴書に書くべき?

水商売やナイトワークをしていたというと世間的には聞こえが悪い・・・。

迷える子羊さん

そんなのも百も承知だよ〜!

なぜナイトワーク上がりが嫌がられるのかというと

  • 昼夜逆転生活に慣れず、遅刻や欠勤をしそう
  • 社会人としての常識がなさそう
  • 人間関係のトラブルを起こしそう

というイメージがあるからなんです。

 

正直、ナイトワークの経歴を素直に書いてしまうと受かる確率はとても低いです。

私の場合はダブルワークでたまに昼職をしたりしていたこともあったのでその仕事を書いたり。

前にやっていたバイト歴を長めに書いたりしていました・・・。

注意
あからさまな経歴詐称はNG!面接時につじつまが合わなくなるので気をつけて!

初めから正社員でなく、まずはアルバイト入社というのも手です。

私の働いていたペットショップでは、前職がキャバ嬢だったという人が、アルバイト入社から正社員、そして店長になりました!(笑)

昼職を全くした事がない!それでも面接受かる確率はある?

次に就きたい職種がナイトワークにも理解がありそうな会社。

強い意思があってナイトワークをやっていた(短時間で働いて勉強をしていた等の理由)

面接でもしっかり受け答えができる自信があれば履歴書に書いても受かる確率はあります!

水商売から昼職に戻るなら接客業がオススメ

ナイトワーク経験者の強みといえばコミュニケーション能力です。

その能力を最大に活かすなら接客業!

資格や経験がなくても大丈夫な転職先を紹介します!

それぞれの仕事のメリット、デメリットもぜひチェックしてください。

  • 営業マン
  • 飲食店
  • コールセンター
  • アパレル販売
  • 美容業界

ナイトワークをやめてもお金は大事!というあなたは営業マン

「水商売を辞めても収入を落としたくない!」

バリバリ働いてお金が欲しいという方は営業が向いています。

 

経験不問で募集をしている会社も多いので、ぜひ探してみてください。

インセンティブ率が高いとやる気にもなりますが、ノルマのある会社だとメンタルが辛いかも。

美味しいものが大好き!飲食店店員

飲食店で働くメリットといえば、まかない!

無料で美味しいご飯やドリンクが支給されるのは嬉しいですよね。

 

キッチン担当はお料理のスキルも磨けて女子力アップできます!

飲食店のデメリットは衛生上ネイルができないこと、お店によっては髪色の規制があるところです。

おしゃれもしたい!オフも充実させたいならコールセンター

ナイトワークを辞めても髪色を変えたり、ネイルができないのは嫌〜!という方はコールセンターがオススメ。

コールセンターは電話のやりとりの仕事なので、服装や髪色に規制がない会社が多いです。

またシフト制を導入している企業も多く、比較的シフトに自由が利くのもいいところ。

 

オペレーションを覚えるまでは大変ですが、それを乗り越えれば楽になります。

座りっぱなしなので、腰が辛くなったり食後の眠気に負けそうになるのが辛いです(笑)

おしゃれに働きたいならアパレル販売

どうせ働くならおしゃれな仕事がいい!という方はアパレルがオススメ。

自分が好きなブランドの服がいち早く新作が着れるのも嬉しいところです。

 

デメリットは店頭で着る服は買取をしなければいけないこと。(お店によって50%〜70%の割引率で服を購入することができます。)

自分の着ている服が完売すると、別の物を購入しないといけないので出費が多いです。

働きながらキレイに!美容業界

エステ、美容部員など美容業界は研修がしっかりしているので資格なしでも働けます。

働くうちに美容の知識が身につくので自分も綺麗になれることがメリット!

 

お客さんに施術をするまでに、練習量がとても必要なので、朝早くに出社をしたり残業で練習をすることがあります。

絶対定時に帰りたい!という方には辛いかも。

自宅開業ができる!?資格を取るのもアリ!

資格取得をすると働き口も増えます。

少ない資金でも、自宅開業する事ができちゃいますよ。

まち子

私、まち子も実はペットシッターの仕事をしています♪

保育士

保育士の資格は通信で取ることが可能です。

全国的にも保育士さんは人手不足なので求人数も多いです。

保育園で働く以外にも託児所で働いたり、ベビーシッターサービスを開業することもできます!

ヨガ講師

身体を動かすことが好きという人にはヨガ講師がオススメ。

働きながら講習を受け、資格を取得することもできます。

ヨガ教室で働いたり、セミナーを開いたり。

マンツーマントレーニングをすることもできるので場所を問わず働けるのも魅力。

ペットシッター

ペットシッターの資格も通信で取ることが可能。

または半年以上の実務経験があれば、独立開業に必要な動物取扱業が取得できます。

初めはアルバイトで経験を積み、その後独立開業することも夢じゃないですよ!

自由に働きたい!フリーランスでオススメの仕事

フリーランスのいいところは、いつでもどこでも仕事が出来る!というところ。

旅をしながら働く・・・なんて素敵な働きかたも実現できるんです!

ライター

ライターにも色々な種類があります。

恋愛系や美容、占い、ファッション系など。

自分の興味のあるジャンルから選ぶと始めやすいかも!

まずはクラウドソーシングからはじめ、実績を作るのもアリです。

プログラマー

これからの時代の必須スキルと言っても過言ではないプログラミング。

スマホのアプリを作ったり、webサービスを作ったりする仕事です。

独学でも学ぶことはできますが、未経験でも採用している会社もあります。

実力をつけてからフリーランスに転身するのもいいでしょう。

インフルエンサー

インフルエンサーとは世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと

インスタグラマーやyoutuberなどを指します。

インフルエンサーになるには自分の好きを発信すること!

一般人だったけどインフルエンサーに!なんてシンデレラストーリーも。

 

まち子

昼職に戻る方法は一つじゃない!ゆっくり焦らずに就活しましょう。