free web hit counter

ガールズバーで苦手なドリンクおねだり。みんなどうしてる??

ガールズバーで働いていてこの瞬間やだな〜と思うのがドリンクをおねだりするとき。

聞くタイミングを間違えると結局ドリンクもらえないし気まずい・・・。

私も最初はお客さんに申し訳ないな〜という気持ちでやっていました。

でもコツを掴んでからはドリンクがもらえるようになったんです!

この記事ではお客さんにドリンクを上手におねだりする簡単な方法を紹介します!

  • 接客のイメージは初デート!
  • お客さんからドリンクをもらうタイミング
  • 楽しい時間を提供するために気をつけること

接客のイメージは初デート!

初めてデートに行った時に相手がおごってくれなかったら悲しいですよね。

相手にとって楽しいデートだったら、気前よくおごってくれると思いませんか?

ガールズバーもそういう感覚で相手を楽しませることを意識して接客するとうまくいきますよ!

そしてドリンクをおねだりするときは断られて当たり前!という気持ちでいることが大事です。

チャンスを掴むためには行動あるのみ〜!

お酒が好きというアピールをする

接客の中でお酒が好き!というアピールをしておくと「じゃあ一杯飲む?」と言ってくれるお客さんもいます。

「酔っ払うとテンション上がっちゃうんです」と言ってみるのも◎

その姿をみてみたい・・・とドリンクをくれることもあります。

 

ドリンクをもらったらオーバーリアクションで喜びましょう!

「〇〇さんからのドリンクは格別ですね!」というと気をよくして2杯目くれることもあるかも!

 

お客さんからドリンクをもらうタイミング

接客序盤にお客さんのドリンクを作る時に伺う

まずはお客さんを席に案内し、ドリンクを聞きます。

パッとみた印象でもいいのでガールズバーで遊び慣れてそうな人かチェック。

いけそうなら「乾杯したいので私も一緒にいいですか?」と一声かけてみましょう。

 

もらえたらラッキー!

「まだ早いかな〜」と言われても落ち込まずに笑顔でお客様のドリンクを作りましょう!

お客さんが少し酔い始めてから伺う

お客さんが酔い始めると楽しい気持ちになってOKを出してくることが多いです。

お客さんのお酒が少なくなって来たらすかさず「おかわりはいかがですか?」と次の一杯を促しましょう!

おかわりドリンクを入れることで延長に繋がることも!

自分から面白いトークをしてもらう

それでもくれないというシビアなお客さんには「面白い話するんで笑ったらドリンクください」と言ってみましょう!

急に面白い話をしようと思ってもなかなか思いつかないので鉄板ネタはしっかり用意しておきましょう。

下ネタ系や自分の失敗談などがおすすめです。

団体さんが来た時には

団体のお客さんがくるとドリンクのおねだりを誰が切り出すか探り合う空気になって気まずい・・・。

みんなの分のドリンクを出したくないというお客さんにはゲームして勝ったらください!と言ってみるのも手です。

ゲームに負けてもお客さんが楽しんでくれたら「頑張ったから飲んでいいよ」と言ってくれることもありますよ〜!

これはNG

お客さんの中にはとりあえず来てみただけで自分が飲む分しか払いたくない!という人もいます。

そういう方にしつこくドリンクをおねだりするとクレームになりかねません・・・。

本気でNG!という雰囲気を感じたら切り替えて話題を振りましょう。

明るい態度で接し続ければまた次回来た時にはチャンスがあるかも!

楽しい時間を提供するために気をつけること

自分が楽しまないとお客さんを楽しませることは出来ません。

メイクや髪型、ファッションが決まってたらテンションも上がりますよね!

自分のご機嫌は自分で取る!これができると最強ですよ〜!

 

欲しかったバッグやコスメなどをイメージしてモチベーションを維持するのも大切。

ガールズバーは頑張った分だけドリンクバックとして返ってきます。

出勤してから一発目からドリンクがもらえると幸先のいいスタートが切れますよ!

ぜひ明日の接客から使ってみてください。