free web hit counter

ガールズバーの体験入店だけしたい人へ。準備と仕事内容まとめてみた!

ガールズバーバイトに興味はあるけど、がっつりやるのはちょっと…

とためらっている人は多いんじゃないでしょうか?

 

どうも、趣味はガールズバーの体入めぐり、りっかこです!

まずは体験入店から!って言われても、ちょっと不安になりますよね。

  • 体験入店だけ行っても嫌がられないの
  • 無理やり入店させられない?
  • 合わないお店はどう断ればいい

こんな心配が、わたしもありました。

 

でも体験入店って、じつはお店側も女の子側もとっても気軽なんですよ!

今回は、そんな体験入店のあれこれをまとめました。

「体験入店ってそんなに軽いんだ!」と思ってもらえたら嬉しいです。

ガールズバーは体入だけ行っても大丈夫なの?

きっとあなたは、ナイトワークだし誰かにバレたら嫌だし、ガッツリ働くつもりはないんですよね。

ガールズバー未経験者のほとんどがそう思っているので安心してください。

わたしも、どこか決まったところに入ろうとは思ってなかったです。笑

 

「でも体入だけなんて店長とかが嫌がるんじゃ…?」

と思っても、そこまで考える必要はありません。

普通のバイトなら働く気のない人が来たら嫌がられると思いますが、ナイトワークは違います。

 

どのお店ももれなく人手不足なので、1日だけでも女の子が来てくれるのは嬉しいことなんです!

派遣スタッフのような感じで、けっこう歓迎されます。

仕事内容もカンタンで教えることがないので、体入の子ってお店側としては助かっちゃうんですよね。笑

MEMO
体験入店が終わったあとは、「このまま入店してほしい」と言われますが、断っても嫌がられません。まだ他のお店も検討中、とか、ちょっと雰囲気が合ってないので、とか言っておけば大丈夫です!

体験入店めぐりするメリットは、とにかくラク

体入めぐりをする人が多いのは、それだけメリットが大きいからです。

わたしも固定のお店はありながら、体入はたまにしていますから。

体験入店のメリットはなんといってもラクなこと!

 

ガールズバーのめんどくささって、ほとんど人間関係によるところだと思うんですよ。

店長が気に入らないだとか、しつこいお客さんがだるいだとか。

今後も続けていくから面倒に感じてしまうんです。

 

体入なら、ちょっと合わないスタッフがいても、説教してくるお客さんがいても問題ありません。

なぜって、もうそのお店には出勤しないから。

だからこそ、人間関係を気にせずラクに稼ぐことができます。

派遣バイトと同じで、一回限りだと気持ちが軽くなるわけですね。

体入だけだと稼ぎにくいというデメリットも

ラクに働けるガールズバーの体験入店ですが、もちろんデメリットもありますよ。

当然ながら、体入を続けても在籍の女の子ほどは稼げません。

ちゃんと時給もバックももらえても、指名の差で、続けている子には勝てないんです。

 

あとは在籍の子の方が、お客さんに付くのも優先されるしお店のことにも詳しいので効率的に働けます。

がっつり営業して指名をとってる子に比べたら稼げないのは体入の大きなデメリット。

稼ぐことに本気なら、ひとつのお店に決めた方がいいかもしれません。

ガールズバーの体験入店に行くときの準備

体験入店って、大したことはないとわかっていてもなんか心配ですよね。

わたしと同じで「失敗したくない!」という心配性な人のために、ガールズバー体入に行くときの準備や確認をまとめておきます!

3つだけなのでさっと出来ますよ〜。

お店の場所を見ておく

ガールズバーって普段行かないような通りにあったりするので、場所は事前に地図で見ておきましょう

駅前なのに意外と遠いな、とかよくあります。笑

危なそうな場所だからやめとこうかなって思うこともあるので必須です!

服装、持ち物を確認する

これはとくに、制服ありのガールズバーのとき。

お店に行ったら制服を貸してもらえますが、靴下や靴は持参するパターンが多いんです。

わたしは透けないように下着の色を指定されたこともあります。笑

忘れるとせっかく行ったのに働けないってことになりかねないので注意してください!

終電(始発)を調べる

ガールズバーの体入では、最初に「終電で帰る?朝まで?」と聞かれます。

ちゃんと答えられるように、 帰る時間を決めておきましょう。

終電も意外となかったりするので、調べておくことをおすすめします。

ガールズバー店員の仕事内容

いざガールズバーに着いたら、まず面接をします。

住所を書いたり写真を撮られたりしたあと、体入の説明を少し受けるはず。

そのあとはすぐに働くことになります。

 

初心者で何もわからないとかなり不安な状況です…。

そんなことにならないために、ガールズバーの体入でする仕事内容をざっとまとめてみました。

とりあえず不安なことはなくなるので、読んでおいてください。

接客(おしゃべり)

体入だと、接客しかしないお店もあります。

どこに行ってもまずは接客からスタートです

 

最初は先輩と二人でやるので、そばに立ってるだけで大丈夫!

慣れてきたら、ひとりでやることになります。

 

「初めてなんです」とか「今日は体験なんです」と言えばお客さんも優しく接してくれるはずです。

初々しい感じは、ガールズバーでは人気が出ますよ!

お酒づくり

接客と同時並行でやるのが、お酒づくりです。

お客さんが頼んだお酒をレシピ通りつくって提供します。

難しいカクテルなどはほとんど出ず、生ビールや焼酎の水割りばっかりなので簡単!

MEMO
お店によってはお酒をつくる人が別でいたりもします。その場合は注文を通すだけでOK。体入のときは最低限「ビール、焼酎、ウイスキー、氷、水」の場所を覚えておけば大丈夫です!

洗い物

もし慣れてきて手が空いたら、洗い物しといて〜と頼まれるかもしれません。

めんどくさいですが、仕事のうちと思って積極的にやると喜ばれます

洗い物は、グラスさえ割らなければなんでもいいです。笑

キャッチ(客引き)

あんまり混んでない日に体入すると、お客さんが全然いないという状況になったりします。

そうなると、店前や駅前でキャッチ(客引き)をすることに。

長引くとつらいキャッチですが、難しくはないのである意味ラクですね。

(あまりにも暇でキャッチばかりのお店は、入店しても楽しくないからおすすめしません…。)

はじめは体験入店だけの人がほとんど

まとめ
  • 体入だけで行っても嫌がられない!
  • 持ち物と終電を確認して!
  • お客さんは新人ちゃんに優しい!

 

体験入店に不安があっても、行ってみるとほんっとに大したことありません!

言われたことをきちんとやって、あとは楽しくお客さんとおしゃべりしてください。

 

あなたが楽しめれば、接客は大成功なんですよ。

お客さんと仲良くなれたり、お店が気に入ったら、入店を考えてもいいかもしれません。

最後にたぶん聞かれるので、「入店したいです」か「ちょっと考えたいです」と伝えればOK。

 

ガールズバーのお店側は、体入がしょっちゅうあるので対応に慣れています。

体入だけで来る人なんてめちゃくちゃたくさんいるんです。

だから心配することなく、合わなかったら合わなかったと言えばしつこくされません。

 

安心して、体験入店を楽しんでみてください。

日払いももらえて、いい経験ができると思います!

迷ったら、まずはお店探しから。