free web hit counter

ガールズバーはお酒飲めない&作れないとダメ?稼げるバイトの驚くべき実態

ガールズバーで働くのに興味はあるものの、

「お酒が苦手だから、そんなに飲めないけど大丈夫かな?」

「働けたとしても、やっぱりお酒が飲めなかったら稼げないのかな?」

と不安になりますよね。

実は、お酒が飲める飲めないはあまり関係ないんです!

お酒が苦手でも、自分が飲むお酒の作り方を一工夫することができるので、飲めなくても大丈夫!

お酒を知らない未成年でも、月何十万と稼いでいる子もいるくらいガールズバーは稼ぎやすいお仕事なんですよ。

では「どうやったら、お酒が飲めなくても稼げるのか…。」

と疑問に思った人は必見です!

  • お酒が苦手でもガールズバーで働くコツ
  • お酒が作ったことがないひとでも大丈夫!お酒の作り方
  • お酒が飲めない&作れなくても稼げるコツ

を今回は解説していきます!

ガールズバーの先輩

お酒の不安がある人に向けて、ガールズバーの仕事の裏側を教えちゃいます!

ガールズバーバイトはお酒が飲めない子でも働ける!その対策とは?

「ガールズバーのお仕事で働いている=お酒強い」とよく思われがちなんですが、そんなことはありません!

わたしはガールズバーで働いていましたが、お酒が苦手でした。笑

1〜3杯は飲めるけど、そこまでがっつり飲めません。

飲めないから働くのを諦めようとしましたが、実は飲めなくても大丈夫なんです。

工夫さえすれば、飲めなくても全然働けるのでそのコツをみなさんに紹介しますね!

お酒と見せかけてフェイクを飲む

「◯◯ちゃん、一緒に飲もうよ!」といってお客さんからお酒をご馳走になります。

そんなときお酒が苦手な人は、ずばりフェイクをして飲めばいいです。

フェイクをする、つまり飲んでいるフリをします。

お客さんには、「ウーロンハイいただきますね。」

あくまでもお酒を飲んでいるように見せかけて、ふつうにウーロン茶を飲んだりしてます。笑

飲んで酔ったフリなどして、フェイク&演技するとお客さんも酔っ払ってるのでバレにくいです。

かなり薄めのお酒を飲む

お酒をつくるのは、女の子やボーイのお仕事。

お酒が強くない人は、最初の面接のときに「あまり飲めない」と言っておく方がいいです。

そうすると、みんなお酒を薄めにつくってくれたりヘルプで助けてくれやすくなります。

なので周りを味方につけちゃいましょう。

また自分がお酒をつくるときは、自由にアルコールを調整できるので大丈夫ですよ♪

お酒飲めないと正直に言う

お酒が飲めない人は、正直に「飲めないです。」というのもひとつの手。

お客さんによっては、一緒に飲んでくれる子がいいという人もいます。

しかしお酒を飲まなくても、お客さんの話を聞いて盛り上げていたらお客さんも気分がよくなります。

そんなときに、「もう一杯いかがですか?」とお酒をすすめてお客さんをいい具合に酔わせるのも効果的です。

お酒飲まなくても、お客さんが盛り上がっていたらそのテンションに合わせて話すというのがコツ。

ガールズバーでお酒をもらうときはまず喜ぶ!

1番大切なことは、お客さんからお酒をもらうときの反応です。

お客さんに「◯◯ちゃんも飲んでいいよ」といわれたら、「わー嬉しいです!!ありがとうございます!」と喜んでお礼を言うことがとっても大切。

ちょっと大げさで、オーバーリアクションぐらいがちょうどいいです。笑

ずっと働いて慣れてくると、「お客さんが奢ってくれるのは当たり前」と思いがちになるのですが、当たり前ではありません。

お酒を奢りたくないお客さんも中にはいます。

お客さんもしっかりとお礼を言って喜ぶ女の子には、また奢ってあげてもいいかなと印象が良くなります。

感謝の気持ちが素直に伝えられる子は、お客さんからも好かれやすいですよ♪

ガールズバーでお酒を断るときのコツ

飲めなさそうなキャラをつくっておく

お酒が苦手で飲めないという人は、ズバリ飲めなさそうなキャラ作りをしてみましょう。

例えば見た目を清純系にする(黒髪・服装がひらひらのワンピースなど)

「昔一度飲んでみたんですけど、体に合わないみたいで…」など言ってお客さんに無理に飲まされないキャラ作りをするのも大切。

「お酒は飲めないけど、飲んでる人とお話をするのは楽しくて大好きなんです。」

など言って癒やしキャラっぽくするのも効果的です。

飲まなくても面白いトークをする

結局のところ、お客さんが重視しているのは「女の子と話していて面白いか」

ここが1番重要です。

わたしのお店で働いていた未成年の女の子は、お酒は飲めませんでした。

でもお客さんと話しをして盛り上げるのが上手な子だったので、お客さんからはよく指名されていました。

お酒を飲めることとかは、二の次ですね!

どれだけお客さんのニーズに答えるかが大切。

話を聞いて欲しいお客さんにはとことん話しを聞く、共感する。

また話が詰まった時などは、自分のおもしろネタなどを用意しておくといいですよ。

さらっと断って切り替える

お酒がもう飲めないときに困るのが、お酒をもっと勧められること。

わたしは本当にこれ以上飲めないというときは、「お気持ちはとても嬉しいんですが、ちょっともうこれ以上飲めないですよ〜!」

「じゃ、わたしは水の水割りください!」など冗談を言ってさらっと流します。笑

お客さんも「え?水の水割りってただの水じゃん。」とツッコミを入れてくれたりするので、そんなしょうもない冗談を言って流すのも効果的です。

そしてさらっと違う話題をふって切り抜けてきました。笑

ガールズバーのお酒メニューの種類は?

ガールズバーで働くときに不安に思うのが、「お酒の種類を覚えなきゃいけない」こと。

しかし、ガールズバーは時間制で飲み放題のところなどが多いので種類は少ないんです。

ボトルなどいれると種類は豊富になりますが、ボトルは店長が用意してくれるので覚える必要はありません。

また、ずっとお酒をつくったりしていくと自然と覚えていけるので大丈夫ですよ。

ビール

お酒の定番といえばビールと思っている方も、多いのではないでしょうか。

ビールはセット内のフリードリンクに含まれていることがあるので、最初の一杯目に飲む人も多いです。

基本的に生ビールを提供するお店が多く、ビールサーバーがお店に置いてあります。

生ビールをつぐのに少しコツがいりますが、ついでいると慣れてきますよ。

うまく入った時は嬉しいし、失敗したらそれはそれでネタにしちゃいましょう!

焼酎

焼酎は、原料である穀類や米を蒸留させたアルコールの度数が強いお酒ですよね。

主に水割りや、お湯割り、ソーダ割り、ロックで飲まれます。

焼酎ってなんだか飲みづらそうと思う人も多いですよね。

しかし、ウーロン茶で割る「ウーロンハイ」や、コーラで割る「コークハイ」にすると飲みやすく、女性にも人気ですよ。

ウイスキー

種類によって少し異なりますが、ウイスキーはアルコールが度数が40〜43度くらいなのでとても高いです。

ウイスキーにはいろいろな飲み方があり、ハイボールが多くでます。

お客さんから時々「このウイスキーの銘柄はなに?」と聞かれることもあるので、知っておいたほうがいいです。

そこから話が膨らむなんてことも。

飲み放題だと、「ブラックニッカ」の髭をはやしたおじさんの絵が載っているウイスキーを使っているお店が多いです。

ガールズバーでのお酒の作り方

お酒なんてつくったことないから不安〜!

そんな人でも大丈夫!実はお酒をつくるのはとてもカンタンなんです♪

ガールズバーでのお酒の作り方は、カウンターか別の場所にあるキッチンで作ります。

基本的な作り方は、トングを使って氷を入れて、お酒の原液、割るものを入れてマドラーで10回ほど混ぜます。

これだけです。簡単ですよね?笑

バーのように、シェイカーを振って本格的なカクテルをつくったりすることはないので安心です。

どれも簡単につくれちゃうので、どうやってつくるのかすぐに覚えられますよー!

焼酎

焼酎の割り方
  • トングで氷をグラスのふちを超えない程度にいれる
  • 指2本目くらいまで原液を入れる
  • 割るものをグラス8分目までいれる
  • マドラーで10回ほど混ぜる

【ロックやストレートの場合】

  • 氷をふちまでいれる
  • グラス半分までいれる

ウイスキー

ウイスキーの割り方
  • グラスのふちを超えない程度に氷をいれる
  • 指1本くらいまで原液をいれる
  • 割るものをグラス8分目くらいまでいれる
  • マドラーで10回ほど混ぜる

※ロックやストレートの場合は焼酎と同じ要領で、グラス半分くらい。

カクテル

カクテルの作り方

大体3(リキュール):7(ジュース)で作るものが多いです。

氷を入れて、3:7でいれて、マドラーで混ぜて出来上がりです。

カクテルは濃さを自分で調整しやすく美味しく飲みやすいので、女の子たちからも人気です。

思っていたよりもカンタンにお酒をつくれちゃうので安心しました!

初心者ちゃん

先輩ちゃん

マドラーで混ぜる時はお酒が飛び散らないようにゆっくり混ぜてね

お酒が飲めない人も作れない人もガールズバーは稼げる!

ガールズバーはお酒を提供するお店ですが、お客さんの目当ては女の子とお話すること。

なので、お酒が飲めなかったり上手につくれなくてもそこまでうるさくありません。

正直に「初心者です。」といえば許してもらえるし、お酒のつくりかたは、慣れてくると自然に覚えられます。

中には、男性スタッフがお酒は全部つくってくれるお店もありますよ。

覚える仕事は多くないですが、お店の雰囲気なんかは実際にそのお店に行かないとわかりません。

 

安全なガールズバーを見つけるなら「ガールズバイト」の求人サイトがおすすめ!

 

安全なお店が多く、体験入店ができるお店もたくさん取り扱っているので安心して利用できます♪

求人サイトをみて気になったところは体験に行って、お酒の心配が少ないガールズバーを見つけてみてくださいね。