free web hit counter

キャバクラのヘアメイクやドレスはお金がかかる?知らないと損する落とし穴!

キャバクラといえばキレイなドレスを着て、ヘアセットをして・・・。

新人ちゃん

身だしなみだけでもお金がかかりそう。

キャバクラで働くのが始めてだと、ドレス代やヘアメイク代にどれだけお金がかかるか不安ですよね。

私も働きはじめてから、働くためにこんなにお金かかるの?と思っていました。

でも、賢いキャバ嬢はお金をかけず可愛くなる方法を知っているんです。

この記事では現役キャバ嬢のドレス、ヘアメイク事情を公開しちゃいます。

  • ドレス、ヘアメイクが無料のお店は本当にある?
  • ドレスやヘアメイクが自己負担。平均相場はいくら?
  • ドレス選びで指名率が変わる?似合うドレスの選び方
  • ドレスの他にはなにがいる?キャバクラで必要なものを紹介

初心者キャバ嬢さんは必見ですよ!

ドレスやヘアメイクが無料のお店は本当にある?

求人をみてみると、ドレスのレンタルやヘアメイクが無料という店もちらほら。

働いてみて思ってたのと違う〜!なんてことも・・・。

お店のドレスはレンタル可能。でも状態がいいとは限らない!

実際にドレスのレンタルが無料なお店もありますが、新品同様キレイ!という状態のドレスは少ないです。

ビジューなどの飾りがとれかけていたり、ほつれていたりすると安っぽく見えちゃいます。

そして、キャバ嬢の女の子たちは痩せている子が多く、サイズがびっくりするほど小さい!

普通体型の子でも、着用済みのドレスはジッパーが上がりにくくなってドレスが着れないというトラブルも。

 

またクリーニング前のドレスで気になるのがニオイや汚れ。

体臭や香水、タバコのニオイなどが混ざるのでニオイに敏感な人は結構きついかも。

先輩キャバ嬢

初出勤からドレスを用意するのは難しくても、出勤予定が多ければ、いずれ自分のものを買ったほうがいいですね。

ヘアメイク無料の実態はセルフセット

ヘアメイクが無料というお店は、セルフセットでOKですというところが多いです。

キャバ嬢といえば、盛り盛りセットというイメージがあるかもしれませんが、今の流行りはキレイめ。

黒髪のキャバ嬢さんもいるんですよ!

MEMO

ヘアアレンジは苦手という方は軽く巻いてハーフアップにしたり。

ストレートヘアもセルフセットで簡単にできるので人気です。

ドレスやヘアメイクが自己負担。平均相場はいくら?

ドレスの購入やヘアメイクが自己負担のお店も多いです。

ピンからキリまでありますが、平均相場も気になりますよね。

キャバドレスの平均相場はいくら?安く抑えるコツは?

キャバドレス専門店は、商品の入れ替わりが激しいんです。

仕入れたての商品を買おうと思ったら、平気で1万や2万吹っ飛んじゃいます(泣)

 

そこでオススメなのが通販サイト。

店舗で買うよりも割安で購入できるサイトも多く、ドレスの種類、サイズも豊富。

万が一サイズが合わなかった場合、返品可能な店舗もありますよ。

専属ヘアメイクさんがいるか、いないかでも出費が変わる!

お店と直接契約でヘアメイクさんがいる場合は、出勤準備して着替えた後にヘアメイクに入ります。

直接契約の場合、お給料から天引きのお店が多く、手間が少なく楽チン!

ヘアメイク代が通常よりも安く、手持ちのお金が少なくピンチな人にもありがたいです。

 

ヘアメイクさんがいない場合は、お店に近い契約店でセットをするか、自分でサロンを見つける形になります。

ヘアメイクの平均相場は1500円〜2000円程で料金も都度払い。

出勤前に美容室に行かないといけないので、プライベートの時間が削られてしまいます。

新人ちゃん

金欠で今すぐお金が必要!という人には厳しい・・・。

ドレス選びで指名率が変わる!?似合うドレスの選び方

キャバドレスにはたくさん種類があってどれがいいのか悩んでしまいますよね。

大きく分けると

  • ミニドレス
  • ロングドレス
  • スーツ

があります。

最近はロングドレスを着ているキャバ嬢は少なく、ミニドレスが人気。

一口にドレスといっても色々なシルエットがあります。

自分の体型の気になるところをカバーしたり、魅せたいパーツを強調することができます!

先輩キャバ嬢

ドレス選びで指名率が変わるといっても過言ではありません!

自分の魅力を最大限に引き出すドレスを選びましょう。

顔の大きさが気になるなら!ベアトップ

顔の大きさが気になる方は、とにかく顔や首回りをスッキリさせるコト!

ハイネック系は顔の大きさを強調してしまうのでNGです。

アクセサリーなどで視線を反らすのも有効。

ピアスやネックレスなどをうまく使いましょう!

胸が小さいのが気になるなら!ホルターネック

胸を寄せるのに一番うってつけなのがホルターネック。

ストラップが肩ではなく首にあるので胸を寄せやすいんです。

胸を盛る!といえば忘れてはいけないのがヌーブラ!

キャバの世界では2枚重ねをしている人も多いみたいです。

二の腕の太さが気になるなら!オフショル、袖ありドレス

ドレスだとがっつり腕を隠すことはできないのでは?とお悩みの方にはオフショルが◎

肩周りのフリルで気になる二の腕がスッキリと隠れちゃうんです。

冬場など寒い季節なら袖ありのドレスもオススメです。

レース袖デザインはチラ見えで色気も出しつつ、さりげなくカバーできますよ!

お腹が気になるなら!ふんわりぺプラム、フレアドレス

ウエストでふんわりと広がるぺプラムで可愛くお腹カバー!

女性ならではのシルエットでおしゃれ度も抜群です。

またAラインにひろがるフレアドレスも、ウエストがキュッと見えるのでスタイルをスッキリ見せてくれます。

がっつり露出は苦手なら!肩あき、シースルードレス

男性は結構チラ見えが好き!

肩あきドレスなら露出控えめで、清楚感バッチリです。

シースルーデザインも見えるのに見えない感じがあざとカワイイですよ〜!

ドレスの他にはなにがいる?キャバクラで必要なもの

ドレスの他にもキャバクラでは必要なものがたくさん!

一つずつ買い揃えるのは地味にめんどくさい。

キャバドレスの通販のサイトでは新人セットを販売しているところもあるんです!

  • 名刺、名刺入れ
  • ライター
  • バッグ
  • ハンカチ
  • ヌーブラ
  • ストッキング

新人ちゃん

結構多いなぁ〜!
忘れ物をすると働く時に困るのは自分!要チェックです!

先輩キャバ嬢

名刺、名刺入れ

キャバクラでは自分の名前を覚えてもらうために名刺を渡します。

あまりにもビジネスっぽいものだと浮いてしまうので、キャバ嬢ならではの可愛い名刺入れを用意しましょう。

また、お客さんから頂いた名刺にメモをすることがあるのでボールペンも用意しておくと便利。

MEMO
小箱だったり、地方や郊外だと名刺を作っていないお店もあります。

ライター

お客様のタバコに火をつけるための必須アイテム。

お店の敷居に合わせてライターも選びましょう。

高級店でない場合は100円ライターでも問題ないです。

細身で装飾がされているライターは女子っぽくてカワイイ!

ライターはよく失くなってしまうアイテムの一つなので予備を持っておくのがオススメです!

バッグ

ライターやハンカチ名刺など必要なもの入れるバッグ。

大きすぎず小さすぎず、ちょうどいいサイズのバッグを選びましょう。

どんなドレスの色にも合う華やかなデザインを選ぶのがコツです。

ハンカチ

お客様のグラスを吹いたり、下着が見えないように被せるなどの使い方もできます。

1枚はお客様用、もう一枚は自分の下着を隠す用と最低2枚持っていた方がいいです。

タオルハンカチは子どもっぽい、カジュアルすぎるというイメージがあるのでNG。

薄い布の女性らしいピンクや白系のハンカチが人気です。

ヌーブラ

キャバドレスを着るのに必須なのがヌーブラ。

キャバドレスは背中がぱっくり開いていたり、露出度が高いので普通のブラでは着こなせません。

消耗品なのでまとめて買うのがオススメです。

ストッキング

ストッキングはよく忘れがちなアイテム。

履いてる途中に伝線するのもよくあるので予備必須です。

脚フェチの男性は結構多いです!

引き締め効果や美肌効果のあるストッキングを選べば、他の女の子と差がつくかも?

 

まとめ

新人のうちはレンタルドレスでもOK。

出勤が多くなるなら自分用を購入しよう!

専属ヘアメイクさんがいるお店の方が値段も控えめで楽チン。

その他、必要なものは自分で準備!通販サイトで新人セットを購入がオススメ。

 

先輩キャバ嬢

稼ぐためには初期投資も必要!備えあれば憂いなしです!